2013年4月号(No.229)42〜47ページ
連載「Excelによる統計グラフ表現法」第92回(古田裕繁 著)より

Google Map Chartを利用した都道府県別塗り分け地図作成マクロ

都道府県別統計データを、指定した階級区分、階級の色に基づいて、塗り分け地図(コロプレスマップ)に表すExcelマクロです。ダウンロードして、記事と併せてご活用ください。

動作環境:
 ・Excel2003, 2007, 2010
 ・インターネット接続(Google Map Chart を利用するので)


操作方法:

  1. 本ページ一番下のマクロ(Japan_choropleth_map_maker.xls)をダウンロードします。

    マクロを開くときには「マクロを有効にする」を選択してください。セキュリティの警告が出た場合は、「コンテンツの有効化」をクリックしてください。
    ※Excel2003では、初期設定のセキュリティレベルが「高」に設定されているため、マクロを有効にできない場合があります。この場合は、Excel2003では、「ツール」→「マクロ」→「セキュリティ」で、レベル設定を「中」に変更してください。


  2. マクロ(Japan_choropleth_map_maker.xls)を実行します。
    【Excel 2003の場合】
    「ツール」−「マクロ」−「マクロ」で、『個別データラベル付き散布図_rev』を選択して、実行します。

    【Excel 2007/2010の場合】
    「開発」−「マクロ」−「マクロ」で、『個別データラベル付き散布図_rev』を選択して、実行します。

    なお、「開発」タブがメニュー(リボン)に表示されていないときは、Excel2007の場合は、「Officeボタン」−「Excelのオプション」−「基本設定」−「Excelの使用に関する基本オプション」で「開発タブをリボンに表示する」にチェックを入れると「開発」タブが表示されます。Excel2010の場合は、「ファイル」−「オプション」−「リボンのユーザー設定」−「メインタブ」で「開発」にチェックを入れると「開発」タブが表示されます。


  3. マクロのインターフェイス画面(図1)のC列(指標値)に都道府県別統計データを貼り付けます。
    図1 都道府県別塗り分け地図作成マクロのインターフェイスの記入例
    都道府県別塗り分け地図作成マクロのインターフェイスの記入例

  4. 階級区分、色の設定には2つのオプションがあります。
    【階級区分、色の自動設定による方法】
    「おまかせボタン」をクリックするだけで、階級数4、赤系グラデーションの塗り分け地図のHTMLファイルを作成します。

    【階級区分、色を詳細に設定する方法】
    メッセージにしたがって、次のコマンドを順に実行します。
    1. 十分位数を計算
      都道府県別統計データの十分位数を表示します。階級区分を検討する材料です。
    2. 階級数を確定
      区分する階級の数を入力した後、コマンドを実行します。
    3. 区切り値の確定、対象数の表示
      各階級の上限値を入力します。コマンドを実行すると、各階級に属する都道府県数が表示されます。
    4. 色の確定、指標値に適用
      ワークシート上のカラーコードのサンプルおよび以下のコマンドを利用して、各階級のカラーコードを指定します。コマンドを実行すると、各都道府県のカラーコード(F列)が表示されます。
      「色⇒カラーコード表示」:「色」欄のセルを塗りつぶした後、コマンドを実行すると設定した色のカラーコードを表示します。
      「カラーコード⇒色変換」:カラーコードで入力した色を表示します。
      「グラデーション表示」:最下位階級の色と最上位階級の色を指定した後、コマンドを実行すると、中間階級の色が自動的に表示されます。
    5. 塗り分け日本地図HTMLファイル作成
      タイトルを入力した後、コマンドをクリックします。

  5. 作成したHTMLファイルを開くと、ブラウザに都道府県別塗り分け地図が表示されます(図2)。
    図2 「おまかせ」で作った塗り分け地図の例
    「おまかせ」で作った塗り分け地図の例

Google Map Chartを利用した都道府県別塗り分け地図作成マクロ(Japan_choropleth_map_maker.xls)
 



[ 前ページ ] [ 次ページ ]

Copyright (C) 2013 Sinfonica All Rights Reserved.