2014年10月号(No.247)46〜52ページ
連載「Excelによる統計グラフ表現法」第110回(古田裕繁 著)より

都道府県塗り分け地図マクロ

都道府県別統計データの塗り分け地図(コロプレスマップ)を表示するためのExcelマクロです。ダウンロードして、記事と併せてご活用ください。

動作環境:

  • Excel 2007, 2010, 2013


操作方法:

  1. 本ページ一番下のマクロ(JPN_Ranking_Map_v100.xlsm)をダウンロードします。

    マクロを開くときには「マクロを有効にする」を選択してください。セキュリティの警告が出た場合は、「コンテンツの有効化」をクリックしてください。


  2. Excelファイル(JPN_Ranking_Map_v100.xlsm)を開くと、マクロの実行が始まり、『使用法』のウィンドウが表示されます。メッセージに従って実行すると、塗り分け地図ができあがります。

    都道府県塗り分け地図マクロのインターフェイス

  3. マクロのインターフェイス画面のB列に各都道府県に対応する指標値を貼り付けます。
  4. 階級区分、色の設定等には2つのオプションがあります。
    【階級区分、色の自動設定による方法】
    「おまかせボタン」をクリックするだけで、階級数4、赤系グラデーションの塗り分け地図を作成します。

    【階級区分、色を詳細に設定する方法】
    メッセージにしたがって、次のコマンドを順に実行します。
    1. 十分位数を計算
      指標値(統計データ)の十分位数を表示します。階級区分を検討する材料です。
    2. 階級数を確定
      区分する階級の数を入力した後、コマンドを実行します。
    3. 区切り値の確定、指標値に適用
      各階級の上限値を入力します。コマンドを実行すると、各階級に属する都道府県数が表示されます。
    4. 色の確定、地図を塗り分け
      ワークシート上のカラーコードのサンプルおよび以下のコマンドを利用して、各階級のVBAカラーコードを確定します。その後、このコマンドを実行すると、塗り分け地図が表示されます。
      「色からカラーコードを表示」:「色」欄のセルを塗りつぶした後、コマンドを実行すると設定した色のカラーコードを表示します。
      「カラーコードから色を表示」:カラーコードで入力した色を表示します。
      「最下位階級と最上位階級の色からグラデーションを作成表示」:最下位階級の色と最上位階級の色を指定した後、コマンドを実行すると、中間階級の色が自動的に表示されます。

  5. 塗り分け地図は、シートmap1, map2, map3, map4に4種類作成されます。
    4種類の塗り分け地図が作成される

使用上の注意点:
  • 地図のポリゴンは、図形を張り付けて作ってあるので、各ポリゴンの塗り分けの色の変更、拡大縮小、移動などは自由にできます。
  • 地図のポリゴンは、塗り分けが完了するまでは、グループ化しないでください。
  • A列の都道府県名(英字)は、ポリゴンとのリンクに使用しますので、変更しないでください。



都道府県塗り分け地図マクロ(JPN_Ranking_Map_v100.xlsm)
 



[ 前ページ ]

Copyright (C) 2014 Sinfonica All Rights Reserved.