令和元年度 第65回全国統計教育研究大会(香川大会)
      第38回全国統計教育研修会(香川大会)
香川県統計指導者講習会  

 皆様方には、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃より統計教育の推進発展にご理解、ご協力をいただいておりますことに心から感謝申し上げます。
 さて、第65回全国統計教育研究大会(香川大会)・第38回全国統計教育研修会(香川大会)の開催についてご案内申し上げます。多数の皆様方のご参加をお待ち申し上げます。
 なお、今回の大会は香川県統計指導者講習会と共に開催します。

大 会 主 題

オープンデータ・ビッグデータ社会に対応する生きる力の育成
~学校におけるデータサイエンス教育の在り方を求めて~

【主 催】 全国統計教育研究協議会、香川県統計教育研究会、香川県
【共 催】 情報・システム研究機構 統計数理研究所、(公財)統計情報研究開発センター
【後 援】 文部科学省、総務省、(一社)日本統計学会、(公社)日本数学教育学会、(一財)日本統計協会、全国連合小学校長会、全日本中学校長会、全国高等学校長協会、全国特別支援学級設置学校長協会、香川県教育委員会、香川県統計協会、香川県小学校長会、香川県中学校長会、香川県高等学校長協会、高松市教育委員会、高松市小学校長会、高松市中学校長会


◎期 日  令和元年 8月22日(木)  理事会並びに理事研修会
8月23日(金)  第65回全国統計教育研究大会(香川大会)
第38回全国統計教育研修会(香川大会)
香川県統計指導者講習会
◎会 場  高松シンボルタワー タワー棟・ホール棟
〒760-0019 香川県高松市サンポート2番1号高松シンボルタワー
 タワー棟4・5階 情報通信交流館e-とぴあ・かがわ
       TEL:087-822-0111 FAX:087-822-0112
 ホール棟 サンポートホール高松管理事務所
       TEL:087-825-5000 FAX:087-825-5040


日程
〇第1日目:8月22日(木)
 *理事会・理事研修会Ⅰはホール棟 5F 55会議室
      理事研修会Ⅱはタワー棟30F ALICE in TAKAMATSU


〇第2日目:8月23日(金)

 *全体会(開会行事・記念講演・事例発表)はタワー棟5F BBスクエア 

2  開会行事 9:20~9:40
   (1) 主催者あいさつ 
 (2) 実行委員長あいさつ 
 (3) 来賓あいさつ 
 (4) 統計功労者表彰

記念講演 9:40~11:00
講師 愛知教育大学 准教授 青山 和裕 氏 

演題 「新学習指導要領にて展開される今後の統計教育について」

講演内容の概略
 新学習指導要領においては小・中・高等学校を通じて統計教育の充実が図られました。特に統計的な問題解決活動や統計情報に対する批判的・多面的な考察が強調されています。統計教育が重視されるに至った背景として、IoTやAIなどが私たちの生活や社会を変えるほどの影響力を発揮していることと、その基盤となっているデータサイエンスに注目が集まっていることが挙げられます。
 本講演では、今回の改訂の背景にあるデータサイエンスについてまず簡単に紹介します。その上で今後の統計教育において重要となるポイントについて、具体的な教材や小・中・高等学校での実践事例を交えながらお話させていただきます。

児童生徒による事例発表 11:15~12:15
事例1 発表主題「給食の値段が安い理由を探ろう」
香川大学教育学部附属高松小学校 4年 5名
 給食の値段がとても安いことを知りました。近くのお店の弁当の値段と比べても安いことに疑問を持ちました。給食を安くできる理由を予想して、材料の種類や使用回数、値段などから調べました。給食のすばらしさを広げます。

事例2 発表主題「交通事故が多い香川県~わが県では、何が起こっているのだろうか」
香川大学教育学部附属坂出中学校 3年 4名
 香川県は、交通事故がとにかく多いことで知られています。私たちの校区内にも、交通事故が多発している箇所が、いくつかあります。「どうして、香川県は交通事故が多いのだろうか?」、「本当に運転マナーが悪いのか?」、「どうすれば、交通事故を減らすことができるのか?」香川県の交通事故現状を様々な角度から分析し、交通事故ワースト県からの脱却策を提案します。

事例3 発表主題「アシスト力アップが香川ファイブアローズの勝利の鍵」
香川県立観音寺第一高等学校 3年 6名
 地元のプロバスケットボールチーム「香川ファイブアローズ」は2017-2018シーズンB2リーグ西地区最下位と低迷しています。そこでなんとか勝ってほしいと思い、主成分分析や重回帰分析を用いて分析した結果、ドリブルで切り込む選手の必要性と受けたパスを確実に得点することが強化点であるとわかりました。

分科会 13:15~15:35
第一分科会 ホール棟6F 63会議室 定員45名
  教科 発  表  主  題 発 表 者


総合的な
学習の時間
統計的なものの見方や考え方を身につけ、地域の課題について主体的に探求しようとする子どもの育成 千葉県市原市立加茂小学校
石橋 賢二 教諭


社会科 統計資料を活用し統計教育の視点で進める中学校社会科3年間の授業実践 滋賀大学教育学部附属中学校
七里 広志 教諭
 
第二分科会 タワー棟5F BBスクエア 定員96名 
研修講師  愛知教育大学 准教授 青山 和裕 氏

研修内容の概略
 新学習指導要領では統計的な問題解決が重視されており、学校・学年段階を問わずに授業の中で実施されることが求められています。
 とはいえ、授業時数の制限や良い教材事例の不足、問題解決に取り組ませた際の児童生徒の反応や教師の支援の在り方など問題は山積しています。教員の負担をあまり増やすことなく、かつ児童生徒が興味を持って主体的に取り組んでくれる教材のポイントや展開の仕方については記念講演にてお伝えさせていただきます。
 本分科会では、記念講演での提案に基づき、実際に教材を準備しますので、参加される先生方にグループワーク形式で統計的な問題解決活動を体験していただきたいと思います。

第三分科会 タワー棟4F クラスルームB 定員30名
研修講師  総務省職員  

研修内容の概略
 パソコンを使ったアクティブ・ラーニング。
 日本の政府統計を一元的に提供している、政府統計のポータルサイトである「政府統計の総合窓口(e-Stat)」を使って、統計データを探す方法やグラフ作成などをわかりやすく学びます。
  • 政府統計の総合窓口(e-Stat)の概要
  • e-Stat機能の活用事例
  • 地図で見る統計(jSTAT-MAP)の概要
  • jSTAT-MAPの活用事例

香川県統計グラフコンクール特選作品展示[タワー棟5F BBスクエア前]
   平成30年度第66回香川県統計グラフコンクールで全国コンクールに入賞した7点を展示します。中でも「守ろう残そう 香川の海」(小学5・6年生の部)の作品は、現状分析と今後の対策までのデータを分かりやすくグラフに表現しており、全国で入選に輝きました。

参加費および参加申し込み
(1) ご参加いただく方は申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、Eメール又はFAXにて送信してください。午後の分科会につきましては、選択制で先着順です。定員になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。詳しくは、申込書(別紙)をご覧ください。
    申込書 PDF版/Word版
Eメールアドレス等は下記の「参加申し込み送信先」のとおりです。
(2) 参加費は3,000円です。参加費等は、指定の口座へお振り込みください。申込期限は、7月19日(金)です。
(3) 理事研修会Ⅱ(情報交換)への申し込みの方は、指定の口座へお振り込みください。
(4) 宿泊につきましては、各自で申し込みをお願いします。
(5) 香川県統計指導者講習会についてのお問い合わせ先は、香川県統計調査課(087-832-3151)です。
(6) 申込期限を過ぎてしまった場合は、下記までご連絡ください。

会場案内(高松シンボルタワー ホール棟(サンポートホール高松)5・6F)
  情報通信交流館e-とぴあかがわより地図をお借りしています。
 
アクセス
  • JR高松駅から徒歩3分
  • ことでん高松築港駅から徒歩5分
  • 高松港から徒歩2分
  • 高松自動車道高松中央ICから車で約20分
  • 高松空港からリムジンバスでJR高松駅行き約45分



Copyright(C)2019全国統計教育研究協議会